ニュース&コラム

茶目っ気のある美の家元

2012年12月29日 12:09 AM Voice

エディター&ライター

西田 奈々江

棚橋先生について問われると、「茶目っ気のある美の家元」とお答えします。

とくに印象深いのは、やはり数々の美しい作品を作り上げられる「手」ですね。メイク中の細やかな一連の仕草、道具の持ち方にいたるまで、型のように美しくキマッています。静かな茶道の世界をイメージしますが、モデルさんや花嫁さんにはふわっとタッチして、指先から「ビューティエナジー」を情熱的に注入!! その仕事ぶりに、私もいつもシャキッとさせていただいています。

芸術や日常生活にある美しいものに、丁寧に心をシンクロして豊かに生きる、職人にしてアーティスト。多くの棚橋ファンと同じく、これからもその背中を追いかける一員でいさせてくださいね。